Loading…

スポンサーサイト

Posted by foojy on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA SR400 CHOPPER-2

Posted by foojy on 29.2009 SR チョッパースタイル製作   2 comments   0 trackback
こんにちはフージーです!

以前うちの「ジョー」が製作していました

「SR400 チョッパーカスタムコンプリート」

が完成しました!

RIMG1986.jpg

ディティール紹介!

RIMG1989.jpg

・ナローマスタングタンク
・ソロルシート
・ショートメガホンマフラー

RIMG1988.jpg

・サイドナンバー
・シートレールチョップ
・アルミセンターリブフェンダー
・55mmローダウンサスペンション
・F.Rファイアストン4.00×18

RIMG1990.jpg

・アタックバー
・メインキーボックス移設

細かい部分はボチボチやっていけますので
まずは全体的なシルエット作りを重視しました。
ざっと挙げてみましたがカスタム内容は以外に少ないですね。
当然費用もそんなに掛かっていないので現実的だと思いますよ~





ではではまた~


フージーでした。。。



スポンサーサイト

ピボットシャフト固着!

Posted by foojy on 28.2009 SR メンテナンス・カスタマイズ   2 comments   0 trackback
こんにちは!フージーです!

今日はSR最大のウィークポイント!

「スウィングアームピボットシャフトの固着」

もう既に経験された方もおられるかもしれませんが
固着を見つけてしまった時には私もかなり凹みます

SRのピボットシャフトにはグリスホールが
あるということを知っていますか?

「え?そんなんあるの?」「グリスホールって何?」と思った方は
直ぐにでもグリスアップされた方が良いかもしれません!

まずはグリスアップのやり方をご説明します。
コレがグリスホールです。

RIMG1525.jpgRIMG1977.jpg

蓋になっている6mmボルトが既になくなっている方はもう手遅れかもしれません・・・

RIMG1523.jpg

ボルトを外しグリスニップルを装着します。
ノーマルのSRでしたら工具ケースの蓋の裏に付いていると思います。
無い場合はホームセンターでも買えます。

RIMG1522.jpg

グリスガンでグリス注入!
うちではWAKO'Sのリチウム系モリブデンを使っています。

RIMG1524.jpg

こんな感じで反対側から古いグリスが出てきます。

注意点はグリスアップする側と反対側の蓋(6mmボルト)も
外しておかないと圧が逃げずベアリングカバーの
オイルシールが飛び出してしまい、最悪分解しないと戻せなくなります。

こんな要領で左右からグリスアップをすれば完了です!

さて、ここからは固着の話です。

見ても分りにくいですが・・・

RIMG1517.jpg

既に大ハンマーで何発か叩いていますのでボルトの頭が潰れています。
ハンマーやインパクトレンチを使い何とか抜こうとしたのですが
全くピクリとも動かず「カンッ!」と完全に効いた音がしていますので抜くのは諦めました・・・

残る手段は残念ながら・・・

「切断」

しかないです・・・。

発見するタイミングとして多いのが
ピボット部分から錆汁が出て茶色くなっていたり
スイングアームにガタを感じると同時が多いです。
これはグリスが完全に切れ、ベアリングが粉砕している状態です。末期状態・・・

早速潜り込み切断作業開始!

RIMG1516.jpgRIMG1518.jpg
RIMG1519.jpgRIMG1521.jpg

狭い上にエンジン、フレームとのクリアランスも少ないので慎重に!
頭から鉄粉を被るので上から下まで完全防備です。
潜る形になりますので逃げ場が無く非常に危険なので
皆さんはやらない方が良いかもです!

見事に一体化しています・・・

RIMG1599.jpg

金属学に詳しい方の話によると
ピボットシャフトがSCM鋼(クロムモリブデン鋼)
それを支えるブッシュがSTKM13という鋼材だそうで
元素記号が重なるらしく、素材同士が摩擦すると焼き付くとのこと。
ヤマハさんは開発時に当然分ってたと思いますが・・・残念です・・・

手遅れにならないうちに点検してみてください!

分りにくい部分もあると思いますので
気になった方はお気軽にお問い合わせ下さいね



ではではまた~



フージーでした。。。


キャブレターO/H

Posted by foojy on 26.2009 SR キャブレター・マフラー   0 comments   0 trackback
凄い雨ですねーフージーです!

今日はやっとキャブレターのオーバーホールのお話しです!

今回オーバーホールすることになったSRは
キャブとは関係ないシフトの調整で試乗したわけですが
乗ってみると高回転にかなりの違和感!

こんなに調子悪かったの!?
状態は良いと思い込んでいただけにかなりショックでした

これはいかん!と早速オーバーホール開始です!
症状から低中開度は問題なし。
メインジェット?うーん・・・そういう感じでもない・・・
というのも薄いやら濃いやらの明確な症状は出ていなく
なんとなく落ち着かないと言うかはっきりしないというか・・・

ごめんなさいうまく表現出来ません!

そういえば前にも似たような症状がありました!
SR500での話しなんですが400もさほど変わらないので
見てみることに・・・

RIMG0739.jpg

やっぱりこれでした!
ところでこの部品、どこだか分りますか?
スロットルバルブのガイド部分です。(なんて名称の部品なのかな?)
本来非分解箇所ですので、少し特殊なネジで更にネジロックで固められています。

RIMG0738.jpgRIMG0744.jpg

で、この部品の何が悪いかというと

RIMG0741.jpg

Oリングの間の”穴”が潰れたOリングで少し塞がってますね。
この穴はTMRなんかで言うパイロットエアジェットの通路なので
エアの乱流が起こりメイン系統が不安定になってしまいます。
早速Oリングを交換しました。

RIMG0743.jpg

後は組み立てるだけです。
全体的に確認しながら組んでいくと
またもや悪い部分発見!コイツです!

RIMG0746.jpgRIMG0747.jpg

このエアカットバルブのダイアフラムカバーは
もはやⅡ型SRの持病みたいな物ですね・・・
素材が悪く直ぐに風邪ひいて割れてしまいます
皆さんもヒビを発見したら取れる前に交換してしまいましょう!

組み付けて試乗したところ高回転の
不安定さは消え、スーパートラップの
ディスク枚数の変更で見違えるように元気になりました!

皆さんももしも不安があるようでしたら点検してみましょう!



ではではまた~



フージーでした。。。



  

プロフィール

foojy

Author:foojy
・MotoStyRo(モトスタイロ)
・〒579-8064
・大阪府東大阪市池島町8-1-34
・TEL072-920-7478
・FAX072-920-7479
・mail info@motostyro.jp
・OPEN 11:00 CLOSE 20:00
・定休日 毎週水曜日
※毎週火曜日は集中作業日の為
 店舗営業は行っておりません。


SR400・500を中心に扱うリペア&カスタムショップです。 日常的なメンテナンスからエンジンチューニングまで、どんなことでも対応出来るよう日々精進しております。 お困りのことやご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。

Article immediately before

全記事表示リンク

検索フォーム

Quick Response CODE

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。